会員情報

実日ブックス
出版社・実業之日本社の電子オリジナル連載

連載エッセイ ぐるぐる博物館

連載エッセイ ぐるぐる博物館

三浦しをん(みうら・しをん)

三浦しをんさんが、日本全国の個性あふれる博物館を訪ね、その魅力に迫るルポエッセイ。 
本サイトに掲載された連載に、書き下ろしを加えた単行本が2017年に刊行の予定です。どうぞお楽しみに!

プロフィール
1976年東京都生まれ。2000年、小説『格闘する者に○』でデビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。12年『舟を編む』で本屋大賞受賞。その他の小説に『風が強く吹いている』『神去なあなあ日常』『まほろ駅前狂騒曲』など、エッセイに『お友だちからお願いします』など、多数の著書がある。

◆連載タイトル(ウェブ公開は終了しました)  
第1回 わたしたちはつながっている(茅野市尖石縄文考古館)/第2回 親玉は静かに熱い!(国立科学博物館)/第3回 興奮!の仏教世界(龍谷ミュージアム)/第4回 おそるべし!石に魅せられた人々の情熱(奇石博物館)/第5回 町ぜんぶが三池炭鉱のテーマパーク(大牟田市石炭産業科学館)/第6回 災害に備えつつ穏やかに暮らすということ(雲仙岳災害記念館)/第7回 冒険と希望の館で失神するの巻(石ノ森萬画館)/第8回 求めよ、さらば与えられん。(風俗資料館)/第9回 ハイテク&職人技の総本山(めがねミュージアム)/第10回 美と遊びを追求せずにはいられない(ボタンの博物館)

一覧へ

無料で読める!

小説&エッセイ