J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

風を纏う 縫箔屋丸仙草紙

風を纏う 縫箔屋丸仙草紙

あさのあつこ

扉イラストレーション 田尻真弓

旗本の子息で剣の名手だった吉澤一居が、武士の身分を捨て、深川の縫箔屋「丸仙」に弟子入りした。丸仙の娘で、剣術を愛するおちえの心は千々に乱れる。あたらしい時代青春ミステリー、シリーズ第二幕の行方は――
(当連載は月刊誌『ジェイ・ノベル』からWebに移行しました。毎月1回更新予定です。連載初回は2017年4月号に掲載されています。バックナンバーをご参照ください)

著者プロフィール●1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師をへて、1991年デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリーⅡ』で日本児童文学者協会賞、『バッテリー』シリーズで小学館児童出版文化賞、『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。児童文学からヤングアダルト、現代小説まで、ジャンルを超えて活躍している。時代小説にも定評があり、〈弥勒〉〈燦〉〈おいち不思議がたり〉〈闇医者おゑん秘録帖〉などの人気シリーズがある。小社刊行の作品に『花や咲く咲く』『風を青(ぬ)う』。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ