J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

罪と祈り

罪と祈り

貫井徳郎(ぬくい・とくろう)

写真 近藤 篤

元警察官の父が、隅田川で死んだ。事故だと思っていたが、後頭部に殴られた痕があったという……。息子の亮輔と幼なじみで刑事の賢剛が、死の謎を追う。貫井徳郎、渾身長編。

著者プロフィール●1968年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒。93年、第4回鮎川哲也賞の最終候補となった『慟哭』でデビュー。2010年『乱反射』にて第63回日本推理作家協会賞受賞、『後悔と真実の色』にて第23回山本周五郎賞受賞。「症候群」シリーズ、『プリズム』『追憶のかけら』『愚行録』『新月譚』『微笑む人』『私に似た人』『壁の男』『宿命と真実の炎』など多数の著書がある。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ