J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

小説&エッセイ

  • タイガースが好きすぎて

    NEW小説

    タイガースが好きすぎて

    東川篤哉

    熱狂的タイガースファンである村山虎吉の背中に、ナイフを手にした男の影が……。
    <親娘燕>の名探偵・神宮寺つばめ三たび登場!!
    笑いと驚愕のユーモア野球ミステリー。

  • サンドの女

    小説

    サンドの女

    原田ひ香(はらだ ひか)

    朝は三女の喫茶店、昼は次女の讃岐うどん屋、夜は長女のスナック――朝・昼・晩で業態がガラリと変わるお店「三人屋」を営業する三姉妹と、常連客たちの味わい深い人間ドラマを描いたヒット作『三人屋』、待望の続編スタートです!

  • 呼び声

    小説

    呼び声

    澤村伊智(さわむら・いち)

    犇めきあう家と船、刺すような海の匂い。
    異様な空気が広がる場所に、
    「音」が――。

  • 悪徳探偵5

    小説

    悪徳探偵5

    安達瑶(あだち・よう)

    秋葉原の裏通りで営業する「ブラックフィールド探偵社」が、芸能界に進出――!? コワモテ社長の黒田、美女事務員じゅん子、巨乳の社長愛人あや子、そしてただ働きさせられている飯倉は、売れるアイドルを育てるべく奮闘するが……エロス、ユーモア、サスペンスが絶妙なハーモニーを奏でる、満足度120%、一気読み必至の痛快シリーズ。

  • 『腕貫探偵』番外編 逢魔が刻

    小説

    『腕貫探偵』番外編 逢魔が刻

    西澤保彦(にしざわ・やすひこ)

    正体不明の公務員探偵「腕貫さん」の推理が光る、大人気「腕貫探偵シリーズ」番外編。今回は、腕貫さんを「だーりん」と呼び慕う美貌の女子大生・住吉ユリエとの遭遇に困惑する大学講師・久賀谷が主人公。彼は何かに怯えている様子なのだが……

  • 文芸部長と『砲丸投げの恐怖』

    小説

    文芸部長と『砲丸投げの恐怖』

    東川篤哉(ひがしがわ・とくや)

    鯉ケ窪学園高校に怪事件発生(?)、文芸部長の作中作に隠された謎を解け!入学式を終えたばかりの「僕」は、第二文芸部というクラブに入らされた。同部は部長兼部員の水崎アンナ一人だけなのに、なぜか本格的創作集団を自称。自己陶酔型のアンナはいつも、僕に自作のミステリを読ませるのだが、作中には大きな謎が仕掛けられているようだ……。

  • 紫の女

    試し読み

    紫の女

    花房観音(はなぶさ・かんのん)

    「源氏物語」をモチーフに、禁断の関係におちてゆく男女の情愛の行方を艶やかな筆致で描く、粒ぞろいの官能短編集。若い部下に妻を寝取られたことを知った夫は、部下にある命令をし(「若菜」)、客を誘惑したタクシーの女性運転手には、秘められた過去が(「夕顔」)……性愛小説の女王が古典に新たな命を吹き込んだ、7つの欲望の物語。
    ※最終話「光る君」のみ、ためしよみできます。

  • 無双大学教授・更級祐介の事件教室

    小説

    無双大学教授・更級祐介の事件教室

    前川裕(まえかわ・ゆたか)

    無双大学の大学教授、更級祐介は、突然学生から話しかけられた。サークルの顧問になってほしいと依頼を受けるが、それが過去に起きた異様な事件への入口だったとは……

  • 『深淵の色は 佐川幸義伝』刊行

    小説

    『深淵の色は 佐川幸義伝』刊行

    追悼・津本陽特集

    2018年5月26日、89歳で惜しまれつつ逝去した津本陽氏。
    当サイト「Webジェイ・ノベル」に2017年8月から連載を開始し、没後の7月に全10回で完結した氏の遺作『深淵の色は 佐川幸義伝』が、10月5日より単行本で刊行されました。

  • 今野 敏 美女図鑑 BIN×GEMI

    小説

    今野 敏 美女図鑑 BIN×GEMI

    作家生活40周年記念コラボ

    2018年、作家生活40周年を迎えた今野敏。今野作品といえば、男たちが居並ぶイメージが強いが、実はヒロインが活躍する作品も珍しくない。なかでも魅力的な女性(キャラクター)たちを、人気イラストレーター・げみのイラストレーションとともに紹介!

  • 名探偵誕生

    試し読み

    名探偵誕生

    似鳥 鶏(にたどり・けい)

    小学校4年生だった僕にとって、隣に住む高校生の千歳お姉ちゃんは、いつも綺麗で頭が良くて、困ったときには助けてくれる「名探偵」だった――。作家生活10周年を迎え、さらに新たな世界を切り開く似鳥鶏が直球で放つ、王道かつ斬新な、青春ミステリー! 
    ※第一話のみ、ためしよみできます。

  • 女形警部・仙之助

    小説

    女形警部・仙之助

    安東能明(あんどう・よしあき)

    人気ミステリー作家が放つ、異色警察小説!
    歌舞伎の人気女形・村山仙之助はかつて警視庁捜査一課に籍を置く警察官だった。数々の難事件を解決し、5年前に警部への昇任を果たすが、その翌年、突然歌舞伎界に復帰。「村山仙之助」を襲名したのだ。しかし、並外れた捜査能力を惜しまれ、警視庁から秘密裏に「捜査技能伝承官」に任命され、今もれっきとした「警部」の身分を有している??

  • 北区内田康夫ミステリー文学賞 特設サイト

    文学賞

    北区内田康夫ミステリー文学賞 特設サイト

    2019年3月23日、受賞作発表!

    東京都北区生まれの作家・内田康夫氏の協力を得て、2002年に創設された「北区内田康夫ミステリー文学賞」は、2018年度の開催で第17回を迎えました。
    応募総数205編のうち、20編が一次選考を通過。続く二次選考を経て5編が最終選考作品に選ばれました。
    2月中旬に、推理小説研究家の山前譲氏が選考委員代表を務め、最終選考会を開催。北区長、北区文化振興財団理事長、実業之日本社の編集者ら、選考委員の厳正なる審査によって受賞作が決定。授賞式と記念イベントは、19年3月23日土曜日に北区・北とぴあさくらホールにて開催され、受賞者への贈賞及び、記念イベントとして、第16回大賞受賞作品の演劇「妖剣」(甲斐太朗・原作)を上演しました。

  • 罪と祈り

    小説

    罪と祈り

    貫井徳郎(ぬくい・とくろう)

    元警察官の父が、隅田川で死んだ。事故だと思っていたが、後頭部に殴られた痕があったという……。息子の亮輔と幼なじみで刑事の賢剛が、死の謎を追う。貫井徳郎、渾身長編。

  • 園長探偵 花咲慎一郎の事件簿

    小説

    園長探偵 花咲慎一郎の事件簿

    柴田よしき(しばた・よしき)

    新宿二丁目の“無認可”保育園、にこにこ園。夜の街で働く女性たちの負担を減らした結果、赤字経営から抜け出せない園を守るため、園長・花咲慎一郎は、巨額の借金を背負うことに。そんな彼の副業は「私立探偵」。城島探偵事務所の斡旋で、危険な調査に携わって、借金を返済しているーー

  • ラバーズ・コンチェルト

    小説

    ラバーズ・コンチェルト

    小路幸也(しょうじ・ゆきや)

    野良猫や捨て猫を保護して、ちゃんとした飼い主を見つけてあげるのが、僕たちの仕事だ。ここに集う人間も、あたらしい人生を手探りしていて――。

  • スケートボーイズ

    試し読み

    スケートボーイズ

    碧野 圭(あおの・けい)

    怪我から復帰した和馬は、大学四年の全日本選手権を最後の舞台と定め、フィギュアスケート部の仲間と切磋琢磨の日々を送る。大学スポーツ新聞の記者・将人は取材を通じ、選手たちに、そしてスケートに魅せられていく。家族やコーチとの関係、就活、友情、恋愛――夢に挑み、葛藤し、成長する大学生たちを活写する、胸熱のフィギュアスケート小説!

  • 彩菊あやかし算法帖  からくり寺の怪

    試し読み

    彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪

    青柳碧人(あおやぎ・あいと)

    謎だらけのからくり屋敷から脱出できるか!?新感覚の数学×時代ミステリー!

  • 風を纏う 縫箔屋丸仙草紙

    小説

    風を纏う 縫箔屋丸仙草紙

    あさのあつこ

    旗本の子息で剣の名手だった吉澤一居が、武士の身分を捨て、深川の縫箔屋「丸仙」に弟子入りした。丸仙の娘で、剣術を愛するおちえの心は千々に乱れる。あたらしい時代青春ミステリー、シリーズ第二幕の行方は――

  • あの子が結婚するなんて

    試し読み

    あの子が結婚するなんて

    五十嵐貴久(いがらし・たかひさ)

    32歳♀の西岡七々未は、イケメン婚約者を捕まえた親友――ぽっちゃり系女子・小松美宇の結婚式を盛り上げる役「ブライズメイド」のリーダーに任命された。複雑な心境で準備がはじまるなか、新郎側の盛り上げ役「アッシャー」の神崎英也に惹かれてしまい――!?切なく刺さる、痛快ラブコメディ。