J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

力士探偵シャーロック山

力士探偵シャーロック山

田中啓文(たなか・ひろふみ)

扉イラストレーション 林 幸

銅煎部屋で唯一の三役力士・斜麓山は大のミステリー好きで稽古よりも本の続きのほうが大事と思っている。自分のことを相撲取りとは思わず、探偵だと言いはっている。付け人の輪斗山はああ言えばこう言いで稽古に出てこない斜麓山に悩まされ通しだ。そこに飛び込んできた事件に斜麓は思わず勇み足(!?)の捜査に飛び出すが……

著者プロフィール●1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。93年「凶の戦士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、ジャズミステリ短編「落下する緑」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。2002年『銀河帝国の弘法も筆の誤り』で第33回星雲賞日本短編部門、09年短編「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。ほかに『ハナシがわかる!』『浮世奉行と三悪人』など。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ