J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

花嫁は三度ベルを鳴らす

花嫁は三度ベルを鳴らす

赤川次郎(あかがわ・じろう)

旅先の東ヨーロッパ、トランシルバニアで急死した靖代。
夫の耕一と妹の早紀が見守る中、現地の墓地に埋葬されることに。
その地方では十字架にベルをつける風習があった。
そのベルが鳴るとき事件は思わぬ方向へ! 人気の花嫁シリーズ最新作!


著者プロフィール●1948年福岡県生まれ。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。80年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2006年、第9回日本ミステリー文学賞を受賞。16年、『東京零年』で吉川英治文学賞受賞。「花嫁」「三毛猫ホームズ」「三姉妹探偵団」「杉原爽香」各シリーズなど著書多数。17年にはデビュー以来の著書が600冊を突破という金字塔を達成、作家生活40周年を迎えた。ベストセラーを生み出し続ける国民的作家。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ