J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

呼び声(二)

呼び声(二)

澤村伊智(さわむら・いち)

友也を暗い部屋に引き摺り込み、真顔で
「お前はあと三日かそこらで死ぬ」
と告げた、見知らぬ男女は誰なのか――


著者プロフィール●1979年、大阪府生まれ。2015年『ぼぎわんが、来る』(受賞時タイトルは「ぼぎわん」)で第22回日本ホラー小説大賞を受賞し、デビュー。2017年『ずうのめ人形』で第30回山本周五郎賞候補。2019年「学校は死の匂い」で第72回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。ほか著作に『恐怖小説 キリカ』『ししりばの家』『ひとんち 澤村伊智短編集』『予言の島』などがある。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ