J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

文芸部長と『エックス山のアリバイ』

文芸部長と『エックス山のアリバイ』

東川篤哉(ひがしがわ・とくや)

イラストレーション 浦﨑安臣

鯉ケ窪学園高校の第二文芸部というクラブに入らされた「僕」。
同部は部長兼部員の水崎アンナ一人だけなのに、なぜか本格的創作集団を自称。
自己陶酔型のアンナはいつも、僕に自作のミステリを読ませるのだが、
今回の作品は一筋縄ではいかないようで……。



著者プロフィール●1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。2002年、カッパ・ノベルス新人発掘シリーズ『密室の鍵貸します』でデビュー。11年、『謎解きはディナーのあとで』で本屋大賞受賞。ユーモア本格ミステリー屈指の書き手として評価されている。著書に、『放課後はミステリーとともに』『探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに2』『探偵さえいなければ』『伊勢佐木町探偵ブルース』『魔法使いと最後の事件』など多数。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ