J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

銀行支店長、泣く

銀行支店長、泣く

江上剛(えがみ ごう)

イラストレーション 大前壽生

うなばら銀行支店長・貞務定男(さだむ・さだお)が帰ってきた!
暗号通貨、AI、フィンテック――銀行を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、貞務が新たな謎と敵に立ち向かう。
大ヒット・銀行支店長シリーズ、第三弾!


著者プロフィール●1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。旧第一勧銀広報部時代に、総会屋利益供与事件の混乱収拾に尽力。在職中の2002年に『非情銀行』でデビュー。03年、みずほ銀行退職後、経済小説執筆に専念。ビジネス評論家、テレビコメンテーターとしても幅広く活躍中。17年から19年にかけて『庶務行員 多加賀主水が許さない』が、18年には『ザ・ブラックカンパニー』と『ラストチャンス 再生請負人』がそれぞれドラマ化されるなど、大衆的人気を誇る。近著に『蕎麦、食べていけ!』『住友を破壊した男 伊庭貞剛伝』『二人のカリスマ』『清算 特命金融捜査官』などがある。
本連載は、『銀行支店長、追う』『銀行支店長、走る』(小社文庫刊)の第三弾にあたる。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ