J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

ヴィクトリアン・ホテル

ヴィクトリアン・ホテル

下村敦史(しもむら あつし)

超高級ホテル「ヴィクトリアン・ホテル」は、明日、その歴史にいったん幕を下ろす。ホテルを訪れた女優、老夫婦、そして謎の男、それぞれの思惑の行方は――? 一瞬たりとも目を離せない、まったく新しいホテルミステリー!


著者プロフィール●1981年京都府生まれ。2014年『闇に香る嘘』で江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。数々のミステリランキングで高評価を受ける。15年「死は朝、羽ばたく」が日本推理作家協会賞(短編部門)の、16年『生還者』が日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)の候補になる。著書に『真実の檻』『サハラの薔薇』『黙過』『悲願花』『刑事の慟哭』『絶声』『コープス・ハント』などがある。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ