J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

嗤う淑女たち

嗤う淑女たち

中山七里(なかやま・しちり)

画/松田洋子


東京から長野の温泉へ向かう格安バスツアーに参加した一行に、
想像を絶する悲劇が……⁉
どんでん返しの帝王の筆致が冴えわたる、
ノンストップミステリー「嗤う淑女」シリーズ第三弾、絶好調連載中!


著者プロフィール●
1961年岐阜県生まれ。2009年『さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞を受賞し、翌年1月デビュー。以後、ミステリーを軸に精力的な執筆を続けて、2020年1月にデビュー10周年を迎えた。近著に『テロリストの家』『カインの傲慢』『隣はシリアルキラー』『銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2』など、多数。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ