J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

あの夜の花嫁は、今

あの夜の花嫁は、今

赤川次郎(あかがわ・じろう)

結婚式を終えたばかりの新郎新婦は、車で宿泊先へと急いでいた。
雨が激しく降っていて、視界が悪い。
運転していた新郎を心配しつつも疲れていた新婦はウトウトしてしまう。
ふと気づくと新郎の姿はなく——


著者プロフィール●1948年福岡県生まれ。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。80年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2006年、第9回日本ミステリー文学賞を受賞。16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「花嫁」「三毛猫ホームズ」「三姉妹探偵団」「杉原爽香」各シリーズなど著書多数。17年にはデビュー以来の著書が600冊を突破という金字塔を達成、作家生活40周年を迎えた。ベストセラーを生み出し続ける国民的作家。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ