J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

日本シリーズの幻影

日本シリーズの幻影

東川篤哉(ひがしがわ・とくや)

カープファンの著者が、プロ野球界の実際の出来事を鍵に描く野球ミステリシリーズ〈野球が好きすぎて〉。ヤクルトスワローズがまさかの大躍進を遂げた2021年日本シリーズ第6戦の翌朝、とある工場で事件が発生し――〈親娘燕〉の捜査一課刑事・神宮寺つばめと、謎のカープ女子の推理と活躍を、どうぞお楽しみください!

著者プロフィール●1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。2002年、カッパ・ノベルス新人発掘プロジェクトにて『密室の鍵貸します』でデビュー。11年、『謎解きはディナーのあとで』で本屋大賞受賞。著書に、『放課後はミステリーとともに』『探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに』『君に読ませたいミステリがあるんだ』など多数。

関連商品『野球が好きすぎて』
https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53781-8

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ