J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

神を嗤う淑女

神を嗤う淑女

中山七里(なかやま・しちり)

西園寺傑は、世界救心教会の顧問弁護士。信者が教会に貢いで失った財産を巡り、信者家族との裁判や和解交渉に明け暮れる毎日を送っているーー。
大人気「淑女シリーズ」第4弾、連載絶好調!


著者プロフィール●1961年岐阜県生まれ。2009年『さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、翌年デビュー。以後、ミステリーを軸に精力的な執筆を続けている。2020年には作家デビュー10周年を迎え、12ヶ月連続での新作刊行を達成した。小社からは『嗤う淑女』『ふたたび嗤う淑女』『嗤う淑女 二人』が絶賛発売中。その他の近著に『いまこそガーシュウィン』『こちら空港警察』『絡新婦の糸 警視庁サイバー犯罪対策課』『彷徨う者たち』『有罪、とAIは告げた』など多数。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ