J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

悪徳探偵Ⅲ

悪徳探偵Ⅲ

安達 瑶(あだち・よう)

秋葉原の雑居ビルにある「ブラックフィールド探偵社」。ヤクザ社長・黒田十三のもと、有能な事務員じゅん子さん、巨乳の社長愛人あや子さん、そしてタダ働きさせられている俺・飯倉良一の四人で、一筋縄ではいかない依頼に体当たりしてきた。ある晩、事務所が突然奇襲を受け、俺たちは秋葉原を脱出することに――痛快サスペンスシリーズの第3シーズンは、仰天の展開に!?『悪徳探偵 忖度したいの』(実業之日本社文庫)に収録。

販売ページはこちら→http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55372-6

著者プロフィール●元映画助監督・脚本家の安達O(男性)と、活字中毒の安達B(女性)の合作作家。1994年のデビュー以来「SFからSMまで」をモットーに、多彩なジャンルでエンターテインメント性に富んだ作品を執筆。「悪漢刑事(わるデカ)」シリーズ(祥伝社文庫)は2008年の開始以来、根強い人気を誇る。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ