J_novel+ 実業之日本社の文芸webマガジン

監禁探偵

監禁探偵

我孫子武丸(あびこ・たけまる)

*当連載は終了しました。単行本は2019年秋刊行予定です。ご期待ください。

映画化もされた同名人気コミックス『監禁探偵』シリーズの世界を原作者自ら小説化! 謎を解くのは美しき少女「アカネ」――彼女の正体は天使か、悪魔か? 言葉だからこそ表現可能な新しい物語が誕生! 人間心理の歪みに迫る、驚愕のミステリ!!


著者プロフィール●1962年、兵庫県生まれ。京都大学文学部中退、在学中は推理小説研究会に所属する。89年、『8の殺人』で作家デビュー。主な作品に『人形はこたつで推理する』にはじまる「人形」シリーズほか、『殺戮にいたる病』『ディプロトドンティア・マクロプス』『弥勒の掌』『眠り姫とヴァンパイア』『さよならのためだけに』『狼と兎のゲーム』『裁く眼』『怪盗不思議紳士』『凛の弦音』などがある。小説の枠を越えマルチに活躍。ゲームソフト「かまいたちの夜」シリーズの制作でも知られる。

share

twitterでシェアする facebookでシェアする

小説&エッセイ

play_arrow一覧へ